小児歯科

「歯医者嫌い」のお子様にしないために

お子様を治療する際に心がけていること、それは決して「無理強いしない」ことです。

お子様が歯科医院での診療に対して恐怖心や不安感を持っているのに、無理矢理治療したりすると、恐怖心・不安感を増長させ、結果、そのお子様を「歯医者嫌い」にしてしまう場合があります。


当クリニックでは、お子様に無理矢理治療したりはしません。お子様が当クリニックの雰囲気や、歯科医師・歯科衛生士に慣れてくれるまで待ち、ゆっくりと治療を進めるようにしております。

当クリニックの小児歯科メニュー

フッ素塗布

定期的にフッ素を塗布することで、歯を強化し、虫歯になりにくくします。

乳歯や生えたての永久歯は非常にデリケートですので、虫歯から守るためにも、お子様にはフッ素塗布を受けさせてあげるようにしてください。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝をフッ素化合物の樹脂であらかじめ塞いでおき、虫歯を予防する治療です。

奥歯は歯ブラシが届きにくく、汚れがたまって虫歯になりやすい箇所です。

必要に応じてシーラント処置も行っています。

歯磨き指導

お子様の歯を虫歯などの病気から守るために、適切な歯磨き方法を指導します。

歯の健康のためには、ご自宅での適切なケアが欠かせません。

小さい頃から当クリニックで歯磨き指導を受けさせてあげて、歯磨きの適切な方法や習慣を身に付けさせてあげてください。

お子様の歯の健康を守るために

治療よりも、予防が大切です

小さなお子様の歯の健康を守るために大切なこと、それは「治療」ではなく「予防」です。

もちろん、虫歯などの病気にかかった時には、早期のうちに治療を受けさせてあげることが大切になりますが、それよりも重要なのが、「歯の病気にかからないように予防する」ことです。

当たり前のことですが、病気にかからなければ治療は必要ありませんし、お子様が治療によって痛みやストレスを感じたりすることもありません。

 

お子様の負担を軽減するためにも、保護者の方は「定期メンテナンスの重要性」「フッ素塗布の重要性」などを理解し、お子様の歯の病気予防に努めるようにしてください。

「食べたら磨く」という習慣を身に付けさせてあげてください

お子様の歯を虫歯などの病気から守るためには、歯磨きなどのご自宅での適切なケアが欠かせません。

なので、食事やお菓子を食べたら「歯を磨く」という習慣を、身に付けさせてあげるようにしてください。

また、お菓子をあげる時には、決まった時間にあげ、できるだけ短時間で食べさせるようにしてください。

これはお菓子に限った話ではありませんが、「だらだら食べ」をするとお子様のお口の中が虫歯になりやすい状態となりますので、注意してください。

乳歯や生えたての歯は虫歯になりやすい

乳歯や生えたての歯は、虫歯になりやすいとされています。

特に上の前歯や奥歯などが虫歯の好発部位となりますので、仕上げ磨きをする時には、特に注意して磨いてあげるようにしてください。

  • おおきデンタルコラム
  • 求人情報

TEL:079-439-8542