入れ歯

入れ歯について

複数本の歯を失ったり、奥歯などブリッジができない部分の歯を失ったりした時に、お口の中の機能性や審美性を改善させる方法に入れ歯があります。入れ歯は「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類に分けることができ、総入れ歯はすべての天然歯を失った時に使用し、部分入れ歯は1本でも残っている時に使用します。

歯を失い、そのままの状態にしていると、他の健康な歯に悪影響をおよぼしたり、噛み合わせのバランスが崩れたりする場合があります。

また、噛み合わせのバランスが崩れることで、頭痛や肩こりなどの不定愁訴を引き起こす可能性もあります。

なので、歯を失った時には決して放置せずに、すぐに当クリニックで治療を受けられるようにしてください。

当クリニックでは、保険適用の入れ歯を中心に、患者様のお口の中の機能性・審美性の改善に努めます。

当クリニックのファーストチョイスは、保険適用の入れ歯です

患者様によって異なりますが、基本的に当クリニックでは保険適用の入れ歯をファーストチョイスとして考えています。

「保険適用の入れ歯は、自費診療の入れ歯よりも劣る」と考えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。当クリニックでは、保険適用の入れ歯であっても、十分患者様にご満足頂けるものが提供できると考えております。

なので、まずは保険適用の入れ歯を提案させて頂き、問題があるようであれば、「ノンクラスプデンチャー」「金属床」「マグネットデンチャー」などの、自費診療の入れ歯を提案させて頂いております。

  • おおきデンタルコラム
  • 求人情報

TEL:079-439-8542